クラウド型会計ソフト「ネットde会計」バージョン14.2.0では「e-Tax連携データ作成機能」に消費税申告書を追加。

アップデートver.14.2.0

 新バージョン14.2.0では、国税庁電子申告システムe-Taxに対応した形式のファイルをダウンロードできる 「e-Tax連携データ作成機能」に消費税申告書を追加いたしました。 これにより、ネットde会計®に日々の売上や経費を入力するだけで自動的に作成される青色申告決算書と所得税申告書に加え、消費税申告書のデータも手入力なくe-Taxに取り込んで頂けるようになり、スムーズに電子申告を行っていただけます。

e-Tax連携データ作成機能に消費税申告書を追加

e-Taxのメリット

1.税務署に行く手間を省略
e-Taxを利用すると、税務署へ行かなくてもオンライン上で申告手続きを行なうことが可能です。
2.添付書類の提出を省略
医療費の領収書や源泉徴収票等は、記載内容をe-Tax上で入力することで、添付書類の提出または提示を省略することができます。
3.24時間受付
e-Taxを利用すると、確定申告期間中、24時間提出をすることが可能です。
※なおメンテナンスを実施している場合があります。詳しくは国税庁のサイトをご覧ください。
4.還付が早くなります
e-Taxで申告された還付については概ね3週間程度で処理され、税務署で書類を提出する場合と比べて早く還付がなされます。

※なおe-Taxのメリットに関する詳細は国税庁のサイトでご確認いただけます。
こちらをクリックしてください。

今後のバージョンアップについて

現在予定している今後の主なバージョンアップ内容は以下のとおりです。

時期内容
2014年4月1日 消費税法改正対応

※以降のバージョンアップ予定につきましては決まり次第、ご案内いたします。


なお、本バージョンに関するご質問は、ネットde会計®サポートセンターまでお問い合わせください。

ネットde会計サポートセンター
03-5575-6649(受付:平日10時~18時))/ netdekaikei@pi-pe.co.jp