インターネットで使えるクラウド型会計ソフト「ネットde会計」の会計用語集(リース資産)

会計用語集 詳細

リース資産

リース資産の問題は、リース契約による資産調達を通じて金融上の問題を解決するために登場した。つまり、金融機関から資金を調達し、設備等を購入する代わりに、リース料を支払うことによって当該資産を調達し、企業の経営手段としてそれを利用することにより資金問題を解決しようとするものであった。その意味では,金融に対してこれを物融ともいう。
  リース資産を借方計上する場合、リース負債つまりリース契約期間中に支払うべきリース料を割引計算し、元金部分を資産として計上するとともに、それを貸借対照表の貸方にも計上しなければならない。このようにリース資産とリース負債が一対になって貸借対照表に計上され、その資産が減価償却されて、リース負債(未払リース債務)はリース料の支払毎に処理されることになる。

<<前の用語を見る  |  次の用語を見る>>

⇒一覧へ戻る