インターネットで使えるクラウド型会計ソフト「ネットde会計」とパッケージ型会計ソフトの比較

会計ソフト比較表

会計クラウドサービスのネットde会計は、パッケージ型の会計ソフトと何が違うの?

項目 ネットde会計 パッケージソフト 備考
インストール作業 不要 必要  
バージョンアップ 無料 有料  
税理士との
データ共有
× ネットde会計では税理士とリアルタイムでデータ共有することができますが、パッケージソフトではデータをメール等で税理士に送る必要があります。
複数利用者での
同時利用
× ネットde会計なら、複数の担当者で伝票を同時入力したり、社長さんのパソコンから自社の試算表を確認したりすることができます。パッケージソフトでも高額なネットワーク版のみ対応されています。
複数拠点での利用 × ネットde会計ならインターネット環境がある場所なら、たとえば支店や営業所、海外支店などともリアルタイムにデータを管理、共有することができます。
利用できる
パソコンの制限
なし あり ネットde会計はパソコンに依存していないので、インターネット環境があれば、WindowsでもMacでも、利用することができます。たとえば忙しい時期などに自宅や外出先でも入力や確認作業をすることができます。一方、パッケージソフトではソフトがインストールされたパソコンからしか利用できません。
バックアップ作業 自動 手動 ネットde会計なら、大切な会計データは厳重なセキュリティで守られたデータセンターで毎朝6時にバックアップをしています。パッケージソフトではお客様自身で、バックアップ作業と保管を行う必要があります。
サポート 無料 有料 ネットde会計では、利用料金の中にサポート利用も含まれていますので、分からないことやトラブル時にも困りません。パッケージソフトの場合は有償の保守サービスに入ることでサポートを受けることができます。